ブログ

台風21号!!防災対策 【2018/09/05】

こんにちわ、岡野自動車です☆

皆さん、台風21号すごかったですね(~_~;)

皆さんのお家は被害はなかったですか?

当店は大丈夫だったのですが、実は私が住んでいる草津市の一部が停電してしまいました(T_T)

まだ明るい時間で動きやすかったので良かったですが家の中はプチパニック!

今回は私の体験をもとに停電になった時のやっててよかったこと、やっといた方がよかった事を書いていこうと思います。

私の家はオール電化で停電すると何も使えなくなります。

ちなみに大人2人、子ども3人の5人家族です☆

停電は午後3時ごろから午後9時頃まで続きました。それを踏まえたうえで…

まず、今回の台風でなんとなく停電するかも?という思いが私と夫の中でありました。

ですので台風がまだ弱いうちから下の事をやりました↓

①ご飯を多めに炊く。

お昼ご飯の分だけでなく夜ご飯の分も見越してたくさん炊いておきました。

保温が切れてもしばらくは温かかったです☆

また常備菜を作っておいておくことも大事だなと今回思いました。

②お風呂も午前中から沸かしておく

お風呂も早めに沸かして蓋をしておくことで多少ぬるめにはなりますが頭も体も洗い流すことができました☆

★残ったお湯は断水した時にトイレを流すのにも使えるそうです

③カセットコンロとガスボンベを必ず用意しておく。

お鍋用にいつも使っているものが家にあり、ガスボンベも3本常に置いてあるので本当に助かりました。夕ご飯はそれを使ってチャーハンを作りました。冷蔵庫に常備菜を作っておいているのでそれを具にすることで時短と暗闇で包丁を使う危険を回避できました。

④トイレの説明書の保管場所を知っておく、決めておく。

これは本当に助かりました!停電した時のトイレ問題は一大事です!

説明書を決まった場所においていたのですぐに見つけられ、手動で流すことができました。

ちなみにうちはTOTOのタンクの小さいトイレで、右奥に乾電池を入れるケースと引っ張るタイプのレバーがありそれで流すことができました。

これらを台風がまだ弱いうちにやっておくことが大事だと感じました。

 

やっておけば良よかった事は、

①懐中電灯が付くか、と置き場所の確認をしておく

いざ電気が切れたときに「たしかこの辺に―」という感じで暗闇でガサゴソ…見つけた!と思って点けると電池切れ(>_<)と言う事が今回ありました。

電池は自然放電するので定期的に確認することが本当に大事です!

②防災グッズを取り出しやすいところにおいておく。

これは懐中電灯と一緒ですが、いざ使う!という時に出せなくて時間をとってしまいます。

ぜひ、家族みんなで置き場所を知っておきましょう!

③携帯、スマホの充電をしておく。

停電するとテレビからの情報は手にはいらなくなります。

安否確認や避難情報など大切な情報を手に入れるために早めに充電することが大事だなと思いました。

④予備の電池を置いておく、定期的に買い替える

これが本当に困りました…うちは子供のおもちゃなどに電池をたくさん使ってしまっていて買い足しておくのを忘れてしまっていたので、懐中電灯に使うのにあれやこれやと取り出してなんとか使えました。

また、携帯の持ち運びの充電器も電池を入れて使うものだったので充電が少なくなった時に困りました((+_+))使用する電池を確認して用意しておくことが本当に大事です!

 

携帯でいろんな情報を見ている中で冷蔵庫に関しての記事がありました。

それには冷蔵庫、冷凍庫は極力開けないようにすると一日は持つ!という事です☆

うちもなるべく開けないように心掛け、10時に復旧した時に中を確認したところ冷たいままで結露などもありませんでした!

冷凍庫も溶けた形跡も全くなく、本当に安心しました。

この記事をあげて下さった方に本当に感謝です!

また、今回停電したことでもう一つ役に立ったのが車のカーナビです☆

台風が少しおさまってから車に移動し、カーナビのテレビで台風情報を確認することができました、そして携帯の充電も。車も一つの防災アイテムと活躍してくれました☆

 停電中のうちの写真です

今回の台風でお亡くなりになられた方へお悔やみ申し上げます

おけがをされた方、建物やお車が被害にあわれた方が一日も早く普段の生活に戻れますようにお祈り申し上げます。

 

長々となりましたが、見て頂いてありがとうございましたm(__)m

少しでも皆様のお役にたてれば幸いです☆